Metal Free

メタルフリー治療

メタルフリーについて

金属アレルギーとは

人間は自分の体を守るために「免疫」を備えています。「免疫」とは細菌やウイルスなどの「異物」を排除して病気になるのを防いでいます。その「免疫」が本来敵ではない食品や花粉、金属に反応して起こるのがアレルギーです。

金属アレルギーの多くはネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなってしまうとか、強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。お口の中に金属が存在することは常に金属アレルギーになるリスク要因となります。

現在金属アレルギーを発症していない方でも、お口の中に金属がある限り、金属イオンの溶出は進み、生体内に蓄積していきます。また、歯科金属アレルギーにはお口の症状と全身症状として手足などに現れる症状があります。

メタルフリーとは

歯科治療において、現在よく使用されている材料は金銀パラジウム合金やアマルガムという材料で、俗に言う「銀歯」です。

耐久性があり、安価な上に、保険治療の主役として長年使用されてきております。

しかしながら昨今、金属アレルギーへの不安や、見た目の悪さ、あるいは歯茎への悪影響など様々な問題が指摘されております。はるみ歯科では、金属を一切使用しないメタルフリー治療を積極的に行っており、見た目の綺麗さ、審美性や機能性などから評価をいただいております。

メタルフリー治療の内容をまとめてありますので、ぜひ、お読み下さい。

銀歯にしたくない方へ

銀歯を使わないメリット

歯科医院で治療した歯に使われた金属が原因で金属アレルギーになる方がいらっしゃいます。なかなか治らない皮膚の湿疹、かぶれ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、関節痛、慢性疲労は、過去に治療した銀歯が原因の金属アレルギーかもしれません。
保険に使われる銀歯が劣化すると、唾液でアレルギーの原因物質が溶け出して手足の発疹等の症状を引き起こします。オールセラミックスの詰め物・被せ物は銀歯のようにアレルギーの原因物質が溶け出さないため、金属アレルギーのリスクはほとんどありません。

金属アレルギーの症状は、すぐに出る方もいれば、治療からしばらく経って出る方もいらっしゃいます。
金属アレルギーの診断を受けた方であれば、銀歯を外して症状が改善する可能性もあります。
金属を使わない治療に用いられるセラミックスは汚れがつきにくいため、むし歯再発のリスクを抑える効果も期待できます。金属アレルギーや銀歯の色が気になる患者さんのために、当院では銀歯を使わない治療も行なっています。

銀歯を使わないデメリット

金属を使わないためアレルギーの心配もなく、良い治療だと思われるかもしれませんが、保険適用外の場合は自費診療となります。
また、大きな力がかかる大臼歯や歯ぎしりがある場合などでは材料が欠けやすい場合もあります。

症例によって使用する材料や治療法が限られることもありますので、詳しくはご相談ください。

技工物の解説

技工物(保険適応材料)

特徴

成分パラジウム合金
透明感
強度★★★
補綴物の変色 あり
歯茎の変色あり
金属アレルギー問題あり
汚れの付着+++(天然歯++)

技工物(e-max)

特徴

成分ニケイ酸リチウム(ガラスセラミックス)
透明感★★★★
強度★★★
補綴物の変色 なし
歯茎の変色なし
金属アレルギー問題なし
汚れの付着

技工物(ジルコニア)

特徴

成分ジルコニアセラミックス(人工ダイヤモンド)
透明感★★★★★
強度★★★★★
補綴物の変色 なし
歯茎の変色なし
金属アレルギー問題なし
汚れの付着